5月15日いわき市立中央台公民館にて『5月例会』を執り行いました。

今回は郷土愛醸成委員会による、歴史を未来に発信するについてセミナーを開催し、
特にいわきの伝統・芸能である「じゃんがら念仏踊り」「三匹獅子舞」について学びました。
その学びの中から、古くからいわきにある伝統文化や芸能を継承していくのは重要ですが、
ただ継承するのではなく、地域の為に活かしながら続けていく必要があると学びました。
伝統芸能は地域コミュニティの構築や、地域活性化のためにあります。
現在は担い手が少なく、より地域に根付かせて地域の宝として市外県外へも
発信していく必要があると感じさせられた、今回の5月例会でした。

今月認証を受けた新入会員は2名です。

img5375fefd25a97

郷土愛醸成委員会副委員長 赤津君からセミナーに対する趣旨説明がありました。

img5375ff1e0820d

参加メンバーは真剣にいわきの伝統・芸能について聞き入っております。

img5375ff29dad0b

公益社団法人白河青年会議所から復興創造フォーラムの成功祈願に頂いた

だるまに目入れも行われました。

img5375ff466dae5 img5375ff3843729

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の投稿

6月4日~6月7日 2014 JCI ASPAC Yamagata

水 6月 11 , 2014
6月4日~6月7日に2014 JCI ASPAC […]