■活動報告 公益社団法人いわき青年会議所2018年度5月例会

5月17日(木)小名浜公民館にて、公益社団法人いわき青年会議所2018年度5月例会が開催されました。

本例会の目的は、青少年を取り巻く現状を把握し、教育について理解を深めて頂くことになります。

本例会は3部構成となっており、第一部では「いわき市の青少年を取り巻く環境の情報発信」として、いわき市の人口減少の状況とそれに伴う青少年の主権者教育の重要性、そして、地域コミュニティの減少と家庭の状況の変化についてのプレゼンテーションがありました。

第二部では「みらいく 説明プレゼンテーション」として、青少年の主権者教育の重要性について理解を深め、主権者教育に関する運動を広げる意識を高めるためのプレゼンテーションがありました。

第三部では「家訓プログラム 説明プレゼンテーション」として、祖先や親を敬う「家」的道徳心、他者を慮る道徳心を、一戸の家庭で教育する「家訓プログラム」活用方法について改めて説明するプレゼンテーションがありました。

本例会を通して、いわきに住む将来ある青少年の将来のために、私たちが担う教育の必要性を学ぶことができました。さらに「青少年に対する教育の重要性」と「誰が担うことなのか」について、興味を持つ機会となりました。

記事:総務広報委員会 副委員長 鈴木健太郎
写真:総務広報委員会 副委員長 及川晶哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA