【活動報告】第3回いわきの魅力を学び隊

11月11日(土)・12日(日)に、「第3回いわきの魅力を学び隊」を開催いたしました。

この事業は、次代の子どもを育てるために、原体験を通じた学びを提供することで、たくましい精神性をもっていただくことを目的とした、1泊2日の体験プログラムです。

 

 

 

 

 

 

 

【1日目】

■いわき市総合福祉センター

出発式を行いました。今回は、徒歩を中心にいわきの魅力を学びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■みろく沢炭鉱資料館

ボランティアガイドを通じて、「いわき産業ルーツ」、「各種文化財の歴史」を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■昼食

白水集会所にて昼食をとりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■いわき市石炭化石館 ほるる

坑道を見学し、みろく沢炭鉱資料館で知識を得たうえで、炭鉱について学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■鶴の足湯

全国有数の湯量を誇り、日本三大古泉でもある湯本温泉の「鶴の足湯」にて足の疲れを癒やしいわきの魅力を体験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

■株式会社いわきスポーツクラブ いわきFC

文化(スポーツ)、経済、観光面での未来志向のいわきの新しい魅力に触れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■いわきの里鬼ヶ城 ~夕食・就寝~

夕食として「鬼ヶ城カレー」を食べて、当施設にて宿泊しました。集団生活による、規範意識を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2日目】

■いわきの里鬼ヶ城 ~フラ体操~

「オハナフラ」を全員で踊り、いわきの近代産業・文化に基づく、いわきの新たな魅力を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■いわきの里鬼ヶ城 ~登山~

登山を通して苦労や工夫、助け合い経験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■いわきの里鬼ヶ城 ~昼食~

火おこしを体験し、おこした火を種火にしてBBQを行いました。エネルギーありがたさに気づく体験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■いわきの里鬼ヶ城 ~学んだことのまとめ・発表~

2日間で体験したことをグループでまとめ、発表しました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご参加いただきましたいわき市内の子どもたち、送りだしていただきました保護者の皆さま、そしてご協力いただきました各施設の皆さま、誠にありがとうございました。おかげさまで、子どもたちの笑顔があふれる事業となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA